週末海釣り族

アクセスカウンタ

zoom RSS 中深海ジギング、スミヤキ地獄からの脱出(相模湾オフショア)

<<   作成日時 : 2017/03/27 17:03   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像寒波襲来? 東京では桜の開花宣言があったというのに、また冬に逆戻りするとお天気おじさんが喋ってます。この頃は天気予報の精度が上がってますから、ほんとに寒くなるのでしょう。ならばその前にと、急いで真鶴港へ行ってきました。しかし。。。話には聞いてましたが、この日の魚影はラインカッターのスミヤキだらけ。ラインを切られ、いい感じの魚信も次々とバラし。。。いやはや散々な1日となりました。

午前5時半、真鶴港を出港です。同船者は船長ただ1人。週末の薄曇り、前回に続いてまさかの貸し切り状態です。いったい真鶴周辺の中深海ジギンガーはどうしたんでしょう。
「この時期はみなさん深場狙いじゃない?」
「え、ここらでも深場やってるの」
「はい、アコウダイとか紅アコウとか」
「えー、次は重たいタックルも持ってくるから、ぜひそっちへ」
船長、苦笑い。
「深場やってる他の船長に教えてって頼んでみたんだけどさ。笑い飛ばされちゃったよ、自分で探れって」
なるほど。釣りのポイントはそれぞれの船宿の企業秘密ですか。それなら新規開発しましょう。近くて便利な真鶴からの深場狙い、興味津々です。
「真鶴沖の深場って遠いの?」
「いえいえ、1時間もかかりませんよ」

船はいつものように真鶴半島先を右へ曲がり、湯河原沖へ。今日は波も風も穏やかなので、船長も舷側にロッドを立てて、やる気十分。しかし、釣りは思惑通りには運びません。いつもの湯河原沖から熱海沖へ、280mから320mくらいの水深を何度か撃ってみますが、アタリが来ません。私は4オンスのスロータックルに実績のあるスパイV250grレッドゼブラ、船長は新製品?のスピンドルN250grです。落として、緩めのワンピッチジャーク、あるいはゆっくりめのロングフォールジャーク、小刻みなハーフピッチなどあちこちの引き出しを開けてはやってみますが、しーん。魚信がないと会話も弾みません。

「きゃー、やられた!」
突然、船長の悲鳴が響きました。何事かと見ると、船をリモコンで操りながら、短めのロッドでしゃくっていた船長が天を仰いでます。
「そっかー、魚探の反応はスミヤキだったかー」
上がってきたリーダーが途中でスッパリと切れてました。
「わー、新品のジグ、取られてしまった。船の下をスミヤキがわんさか群れで泳いでるんだ、移動」
私も急いで回収、念のためにラインをチェックします。すると、おー、リーダー に近いメインラインが数カ所、毛羽立ちしてるではありませんか。やばいやばい。ラインを切って、傷んだ部分を外し、リーダーをFGノットで繋ぎ直します。

画像ググン。
次のポイントは300mくらい。そのままのタックルでスローフォールをやっていたら、ラインが止まりました。すかさず合わせると、本日の初魚信? 巻きます。巻きます。巻きます。。。白い腹を見せて、上がってきたのはオキギス。そしてまた落とすと、ずん。ジグに何かが引っかかってます。重いだけで引きません。巻きます。巻きます。あー、これまたオキギス。まさかのオキギス、2連発です。しかもサイズは50センチ越え。ナイスなのですが、残念ながら、食味の悪い魚なのでリリース。。。で、そのまま落とすと、着底間近でラインがまた、ふっと止まりました。すっと合わせてみます。が、重みがありません。ハズレか。。。と、クラッチを切って。。。あれ?

ラインが落ちません。

すわ、大物?

ロッドで大きく合わせて。。。あれ? 全然、重くない。リールが軽々と巻けるし、これって何?

「切られましたね」

。。。

船は大きく移動します。熱海沖から南へひた走り、初島の電波塔がぐんぐんと迫ってきます。西に釣り船がちらほら。「キンメ狙いのエサ釣り船」らしいのですが「ぜんぜん釣れてないって」だそうです。初島から泳げるくらいで船は止まりました。水深は300mちょい。

「ここでは昨日、アカムツが釣れてます」

らじゃ。

実績ジグのスパイVは殉職したので、初物、SFCのアーク260grオレンジゼブラをつけてみます。動きは同じブランドのクランキーに比べるとスリムな分おとなしめですが、それでもひらひらクネクネと落ちていきました。着底でゆっくりめジャーク、ゆっくりめフォール、ハーフピッチ。繰り返して10mくらいまで来たらクラッチを切ります。コツン。フォールで何か当たってます。すぐさまロッドをあおりますが、スカ。底どりして、ゆっくりジャークでくいん。今度は乗りました。ぷるん、ぷるんと暴れてますが、アカムツにしては迫力がありません。それでも万が一があります。ゆっくりじっくり巻き上げて。。。

画像あー、ユメカサゴでした。
サイズが26センチくらいとまあまあなので、キープ。

「あ!」

またまた船長の悲鳴です。ラインが力なく垂れてます。切られましたね。今度はメインラインからスッパリです。

「フォールでコツコツ来るんだよね。だけど、なかなか乗らなくて、最後はぷつーん」

ですか。フォールのコツコツはスミヤキですか。うーん、どうすればラインカッターを回避して底の本命を狙えるのでしょう。とりあえず、フォールでもラインテンションをかけてみます。スプールを軽く親指で抑えつつ、コツっと来たらすぐにロッドで合わせるのです。ゆるゆる落として底から20mくらいでラインが緩みます。慌ててロッドを立てます。異常なし。落として。。。コツ。さっと合わせますが、スカ。またフォールでコツコツッ、鬼合わせ。。。異常なし。着底させ、ゆっくりめにあおるとずん。何かが乗りました。巻きます。かなり重いです。これはスミヤキの大型か。巻きます、巻きます。。。

「オマツリしてますね」

マジですか。船長が絡まったラインを外してくれます。

「みやざきさん、ラインにまだ何かが付いてますよ」

外れたラインを巻くと確かに重い。暴れませんが何かがいます。巻きます、巻きます、巻きます。。。ふっ。

。。。

そんなこんなで、スミヤキに遊ばれた半日船でした。それでも船長はその憎っくきスミヤキをついに釣り上げ、ひとり溜飲を下げてました。私はというと、頻発するコツンに鬼合わせして、五回ほどかけたんですが。。。なぜかすべてバラしてしまいました。しかし、ラインはその後切られずに沖上がり。アタリが多かったので楽しかったのですが、バラしまくってかなり頭に血が。。。

そのコツン 合わせて取るぞ 今度こそ

本日の釣果:ユメカサゴ、オキギスx2

使用タックル 4オンススロー
ロッド:シマノ オシアジガーインフィニティ B634
リール:シマノ オシアジガー1500HG
ライン:バークレーファイヤラインカラード 1.5号x600m
リーダー:モーリス バリバスフロロ30ポンドx5m
アタリジグ:シーフロアコントロール アーク260grオレンジゼブラ
フック:ジガーライト2/0 5cm ツイン自作

   にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
   にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやはや、スミヤキ怖いですね〜!
ちょっと真鶴行けないっす!

深場開拓してくれませんかね…
イレパクの予感が、、⁈

お願いしたら、行ってくれますでしょうか…
その時は一緒に開拓しましょう!
あおみの
2017/04/06 08:34
> あおみのさん

なんだかスミヤキだらけらしいです。そこにアカムツがチラッと混じる感じだとか。あまりに切られるので、最初の投入は安いジグにしようかと思案中。あとはラインを絶対に緩めない。。。深場ジギングはたぶんやってくれると思いますよ。船長、ヤル気充分でしたから。今度もう一度聞いてみます。
みやざき
2017/04/06 12:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
中深海ジギング、スミヤキ地獄からの脱出(相模湾オフショア) 週末海釣り族/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる