週末海釣り族

アクセスカウンタ

zoom RSS マグロカツオ便乗ルアー、第2戦は大苦戦

<<   作成日時 : 2017/08/13 09:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像マグロルアーマンのササダさんがついにキハダを仕留めたらしい。しかも便乗ルアー定番のエビングではなく、まさかのキャスティングでのゲット。「シンペンイワシ団子で18キロ!」だそうです。これはじっとしてられません。さっそく某日、気合いを入れて茅ヶ崎港から出撃です。キャスティングタックルにはシンペンをぶら下げて、その他にエビングx2、ジギングもとタックルを計4セットも持ち込みました。ところが。。。朝からまさかの絶不調、しゃくれど、投げれど、キハダはおろかキメジも無し。釣りのアルアル「昨日は良かった」パターンに陥ってしまいました。はー。

午前6時。
今朝も茅ヶ崎オキエモン丸はコマセマグロ三艘出しです。しかもどれもほぼ満船でエサ氏がミヨシギリギリまでセットしています。乗り込んだのは前回に続いて2号船。ミヨシにはすでに先客ルアーマンがふたり、高価そうなタックル(リールはお二人ともステラ!)はエビング仕掛けのようです。
「マグロとカツオで分けてます」
先週、23キロ!をエビングで上げたというステラ#1ルアーマン。エビングハリス、太糸22号がマグロ、細糸(号数不明)がカツオだとか。もう一人はご友人で「彼(ステラ#2ルアーマン)にもキハダをとってもらいたい」とのこと。なかなか気合いが入ってます。

「はいどうぞ、15mです」
最初のポイントはパヤオ周り。15mとはマグロにしてはずいぶん浅いので、おそらくカツオ狙いでしょう。エサ氏が次々と仕掛けを投入、そして同船したルアーマンもエビングスタートです。さて私はどうしようか。実はカツオ用に小型のスピニングタックルを持ってきました。前回、エビングの細糸ハリス(12号)にしたらカツオがヒット。しかし、ジギング(80ポンド=20号)には全く反応なしでした。カツオにはジギングでもエビングでも細糸が良さそうかもというわけで、ラインシステムはPE3号、リーダー50ポンドで組んで来ました。まずはジギングからやってみます。天気もよくなってきたので、キラキラ反射の電ジグ50grフルシルバー。カツオ対応でジャコフックをつけて、少しキャストしてからカウント20沈めて、そこからやや斜め引きで早めのワンピッチジャークです。海面にはカツオの単発ナブラが出てます。その向こうを狙ってキャスト。。。ジグを少し沈めてから、じゃかじゃか巻きで誘います。次はワンピッチジャーク、さらにじゃかじゃか。。。何度かやってみますが、反応無し。

しかし、エサ氏にはパラパラっと小型のカツオが上がってます。一方、ミヨシのステラルアーマンたちのエビングにはナッシング。。。しかし、エサに来ているのなら。。。と私もエビングに切り替えます。もちろん、カツオ用細糸ハリス12号、ワームはネオンレッド(グロー)の3.5インチ。。。20mくらいまで落として、大きくあおり、リールを二回巻き、これで海面まで丁寧に探ります。何度目かで。。。

ぶるぶるーん。

竿先が震えました。うん? カツオのバイブレーション? ですが、ちょっと様子が変です。いちおう合わせてから、リールを巻きますが、ラインがどんどん右側へと引っ張られます。右側。。。つまり、鈴なりのエサ氏たちの方向です。あ。右側3つくらい向こうのエサ氏が手を上げてます。きゃー、オマツリですか。

どうやら、3つ向こうの釣り氏がかけたカツオが海面近くで走り回り、周囲の仕掛け(含む私の)を巻き込んでしまったよう。カツオは上がったのですが、少なくとも4人ぶんの仕掛けが、天秤あたりにグルグル巻きになってしまった模様。上乗りのおじさんが速攻で走って行って、ラインを解きにかかってます。幸いなのは、浅いタナだったこと。オマツリはみなさんの天秤(私のエビング天秤含む)あたりで起きており、しかし、PE8号やらハリスやらがぐちゃぐちゃに絡まって、もうこれは切るしかありません。スパ、スパ、スパ。。。

「お客さーん、魚かかったら、すぐに巻き上げてくださいね〜」

船長がスピーカーで怒鳴っています。それでなくても、満杯の船。オマツリを避けるのは至難のワザ。特にこっち(便乗ルアー)はラインが3〜5号と細いので、エサ氏のPE8号〜10号に絡むとライン切れ、もしくはラインが傷ついて(後で高切れ)しまうので、要注意です。

3mあった私のエビング仕掛けは、2mの切れっ端になって戻ってきました。エビング天秤は無事ですが、ハリスはこの長さでは使えません。予備の細糸ハリスに付け替え、エビング継続します。ワームは実績のケイムラクリア3.5インチ。絡まないように、前方にキャストして、20mくらい落として。あおってツウピッチ、あおってツウピッチ。

ぐぐん。

お。

ぐぐーん。

画像今度はまともなアタリが来ました。ツウピッチのタイミングなので、ワームはフリーフォールのタイミング? 巻き上げると。。。まずまずのカツオが海面でバシャバシャしてます。

「タモ、要る?」

右となりのエサ氏に、頷きます。前回はリーダーを掴んであげようとしてポッチャンがありましたし、サイズもよさげなので、ご厚意に甘えることに。

午前7時25分。カツオ、なんとかタモイン。40センチ、1kg強? 小型ですがまずはボウズ逃れです。

船中、そこそこカツオが上がってます。しかし、キハダはおろかキメジもなく、どうも今日はマグロの機嫌が芳しくなさそう。私はまたジギングに戻してみますが、まったく食いません。すると。。。午前8時過ぎ、船長がパヤオの船団を離脱します。

「道具上げて〜」

船はそのまま単騎、西へと向かいます。

「これはキハダ狙いかな」
「パヤオでお土産確保して、これからはキハダを追いかけるんだね」
「はいい、いいよー」

約1時間の大移動後、指示ダナは40mと深くなりました。落として反応がないとすぐに仕掛けを引き上げ走ります。単騎と思いきや、いつの間にか船団に。数隻の船が入れ替わり、先頭になってはクルリと横向き停止、仕掛けを落とします。しかし、しゃくるのはせいぜいワンサイクルで、すぐに回収、そして走ります。そう、これがいわゆる大型キハダの追っかけパターン。期待を込めてエビング(太糸22号ハリス)とジギング(電ジグ110grイワシカラー)を繰り返します。。。ですが、エサ、ルアーともに空振りばかり。周囲の船にも何も上がらず。。。すぐに回収して、走って、また落として、すぐに回収。。。そんな収穫のないチェイスをお昼頃までしつこく繰り返し。。。ついには船団離脱。東に南に走り回って、小規模の鳥山ナブラ近くでもやってみます。もちろん私はここぞとばかりにシンペン投げて。。。いい所に落とせるのですが、チェイス無し。もうあと1時間という、午後1時には、再びタナが15mに戻ってしまいました。

「あらら、またカツオ狙い?」

しかし、終盤のカツオ狙いはなかなかヒットしません。カツオの群れが船下通り過ぎるのが見えます。しかし、コマセの煙幕にもスピードダウンせず、次々とそのまま走り抜けていきます。スイッチが入ってないね。そんな会話が聞こえます。ジグにもエビングにも反応無し。そんな中、右となりのエサ氏が仕掛けを作り変えてます。取り出したスプールは「船ハリス 5号」。。。まさかの5号ハリスでオキアミを落とします。そして。。。

「ヒット!」

なんとカツオが食ってます。しかし、海面でだーっと船底へと走られ、バラし。

「今日のカツオにはハリスが見えているのかなあ」

まさかの5号でカツオをかけたご本人がしかし、その事実にかなり戸惑っているようです。もちろん一部始終を見ていた私も、口をあんぐり。私はいちばん細いハリスで12号です。それでもキハダが来たらプチンと切れます、たぶん。しかし、スレたカツオをかけるには、8号くらいまでは仕掛けを用意しておいた方がいいかも? うーん。

本日の釣果:カツオx1

使用タックル:カツオエビング

ロッド:天龍ジグザムディープライダーJDR561S-6
リール:シマノツインパワー SW6000PG
ライン:デュエル Hardcore X8 PE3号 300m
リーダ:バリバス ShockLeader 50Lb. ナイロン 5m

エビング天秤:ダイワ エビング用ストレート天秤
エビングジグ:ネイチャーボーイズ スイムライダー150grブルピン
エビングハリス:シーガー船ハリス フロロカーボン12号x3m
エビング針:オーナー キハダマグロ15号ケイムラ
エビングワーム:ダイワ DRスティック 3.5インチ ケイムラクリア

追記)超簡単、男の釣り魚料理「カツオの焼き肉風」

画像


カツオのたたき、うまいのですが、それだけ続くと少し飽きます。それで今回は半身だけ焼き肉風にしてみました。さばいてたたき風にしたあと、焼き肉のタレに浸してから、フライパンで焼くだけ。ちょっと日が経って赤みがくすんできたら、同様にタレに浸してから火を通したステーキ風にしてみるのも一案かも。たたきがやっぱりうまいですが、こちらもご飯のおかずにかなりイケます。

   にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
   にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょっと残念ですね😅カツオバリバリ釣れると思ったんですが❗水曜カツオ狙い10号でエビングして掛からないなら8号にしてみますねキハダはエサもワームもアタリかなり少ないですねバリバスカップまで良かったのに・・
ささだ
2017/08/13 10:24
> ささださん

残念無念でした。この日はたまたま外れの日だったみたいです。どうもカツオくんは早々とスレてきたようで、せっかくなので次に備えて細糸、8号もつくってみましたよ。ところが、この日からどうも喉の調子がおかしいと思ってたら、夏風邪でダウン。そのせいで、週末釣行はドタキャンとなりました。水曜日、頑張ってください。こっちは、次は多分9月になるかなあ。
みやざき
2017/08/13 12:24
カツオには細ハリス、と聞いてますがよほど目が良いんですね。
それでも5号(20ポンド?)はちょっと…

先日駿河湾で12号ハリスのエビング仕掛け試しましたが、
イサキ爆釣でした。
細ハリスが効果的ってことを確認しましたので、次回こそ!
9月釣行されるようでしたらご一緒させてください。
☆★ume★☆
2017/08/16 09:32
> ☆★ume★☆さん

さすがに5号はチョット無理ですよね。エサ氏も試してみただけだと思います。それにしても、カツオに細糸有利は間違いないでしょう。ただし、キハダには16号でも切られてますので、その兼ね合いが難しい。イサキ、いいですね。今度駿河湾に行く時は細糸エビングも必携かな。はい、今月の週末はあと福島(釣り)と名古屋(慶事)が入ってますが、9月に入ったらすぐにでも行きましょう。
みやざき
2017/08/16 10:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
マグロカツオ便乗ルアー、第2戦は大苦戦 週末海釣り族/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる