週末海釣り族

アクセスカウンタ

zoom RSS 駿河湾で近海ジギング、珍しいのが釣れました

<<   作成日時 : 2017/09/24 18:26   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

画像久しぶりに三保(静岡県)から出る龍神丸に乗せていただきました。船長いわく「カツオが釣れてるよ〜」でしたが、当日予報はあいにくの雨。しかも外海は波風共に想定以上の荒れ模様で、カツオが浮いてくる雰囲気はありません。それでも何か釣りたいと、タイラバとスローピッチを交互にやってみました。さて、結果はいかに。

午前5時。
三保マリーナはまだ真っ暗、船長含めて4人のルアーマンを乗せて、龍神丸は予定通り清水港抜けて外海へと向かいます。がその前にまずは港内でタチウオ調査。ここで山梨ルアーマン(オッチャンAnglerさん)がすぐさまF4サイズを上げます。ウヒャウヒャと破顔一笑。それを見て、残り3人のやる気スイッチが入ります。が、後が続きません。私もブランカゼブラの100grと150grをスローフォールで泳がせてみますが、ナッシング。船長は30分ほどで見切りをつけました。

「ひゃー、すごい波だ」

清水港を出て、南に向かいます。途端に龍神丸は大揺れです。波頭に乗り上げるたびに大きな波しぶきが船上を洗い、全員、操舵室裏に避難。しかし、船長の巧みな操縦でなんとか沖の瀬(タイバ)に到着、マダイ狙いの釣り船がパラパラと見えます。水深は30m前後。これはタイラバでしょう。インフィニティの2オンスに20ポンドラインをつなぎ、全遊動のセブンスライド100gr+黒ネクタイでやってみます。

注記: 私の場合、よほどのことがない限り、どこでもタイラバは100grで通してます。ふつうは30mだとよほど潮が速くない限り60grくらいでしょうが、理由は、単に重りを変える(色々揃える)のが面倒臭い、であります。なお、これは東京湾で乗ったタイラバ専門船の船長直伝「重りは軽すぎるより100gr前後、重くてデカいほうが良い」。はい、おかげでけっこう釣れてます。

タイラバは底どりが必須。そして、底どりからすぐに巻きます。いわゆる、タッチアンドゴー、大作戦。並みの向こうにチョイ投げして、そのまま待ちます。待ちます。あれ? 底が取れません。強風に船がどんどん流されてます。船長が船を風に立ててエンジンを増減速してなんとかラインを立てようとしてくれますが、風と潮がケンカしてるのか、ラインがすぐに斜めに。ついにはパラシュートアンカー投入です。おかげで、ラインの流れは少しマシになりました。

「来たよ〜」

ここでも最初のヒットはウヒャウヒャ笑顔の山梨ルアーマン。小型ですが、本命のマダイです! タイラバ(オレンジ重り+オレンジネクタイ)でゲット、やってくれます。私もタイラバ継続。ネクタイをオレンジにしようか、ちょっと悩みますが、ま、いいか。そのまま黒ネクタイです。すると。

ピピン。

何かがネクタイを齧ってます。そのまま巻きます。。。しかし、乗りません。すぐにクラッチを切り、底からもういちど巻きます。巻きます。

ががん。

今度はもっとはっきりしたアタリ! 合わせたい衝動を堪えて、巻きます。巻きます。乗りません。。。

「あー、当たった!」

後ろから声。しかし。

「あー、外れたあ」

誰かが似たような事をやってます。タイラバはアタリがあっても決して合わせない。それが金科玉条。ですが、なかなか乗らないとストレスが溜まりまくり。で、幾度か落として巻いて、落として巻いて。。。ついに。

ぐぐん。

よっしゃ!

あ、合わせてしまった。。。

ぐぐん、ぐぐん。

あ、掛かっている。乗ってる〜。よしよし。。。巻け巻け〜。。。ぐぐんぐぐん、竿先に来る魚の抵抗がチョッと違います。マダイの首振りではなさそう。うん?

画像上がってきたのは、茶色くて平べったい魚。カレイ? ヒラメ? 背中に丸い斑点がひとつ。顔の向きは左。。。ヒダリヒラメ、です。見た目、40センチくらいでしょうか。後で調べてもらったら、その名は、珍しいガンゾウヒラメ。久しぶりの新魚種、追加です。

ガンゾウヒラメ (市場魚介類図鑑より )

海水魚。水深30-125mに棲む。ヒラメ科の中ではヒラメ以外でもっとも大きくなる。ときに40cm近くなり、ヒラメと見まごうこともある。千葉県銚子〜相模湾、紀伊水道〜日向灘の太平洋沿岸、青森県〜長崎の日本海沿岸。産卵期は春、旬は寒い時期である。上品な白身ながら脂が少なくヒラメと比べると劣るのであまり流通量は多くない。

船は風に吹かれてゆるゆると西へと流れています。水深は30m〜40mくらい。マダイのタナですが、それらしいアタリはありません。そこで、秘密兵器。タイラバを外して、モニター応募で当選したギヤラボのマイクロフリップ60grを試してみます。100grのタイラバから60grに付け替えると、かなり軽く感じます。たぶん、インフィニティ2オンスには合わない? しかし、他に軽いロッドを持って来てません。ただ巻きなら問題なかろうと、少しキャスト、底を取ってゆっくり巻いてみます。

カツーン。

表層近くでいきなりロッドが引っ張られました。ロッドを立てると、海面を割って、緑色の魚が宙に舞います。シイラ! いや、サイズ的にはペンペン。跳んで潜って、緩めのドラグがジジーと出て行きます。ロッドもかなり曲がって、これはこれでかなり楽しい!しかし、待てよ。。。今日はシイラ狙いではありませぬ。あくまでも本命はマダイです。ロッドを小刻みに振って、シイラを外しにかかります。ジャーンプ。。。ふっ。外れてくれました。ヨシヨシ。

気を取り直して、マイクロフリップをチョイ投げ。。。おや? ラインが出ていきません。なぜだ? リールを巻いたら、またもや、ジャーンプ! まさかのシイラ、2連発です。

「こっちにも来たよ〜」

ウヒャウヒャさんが笑ってます。彼もマイクロフリップ? ギヤラボさん、マイクロフリップは駿河湾のシイラに好評です。モニターリポート、でした。。。って、これじゃダメだろなあ。。。なんとかモニターらしい釣果が欲しい。。。しかし、その後もマイクロフリップを続けると、またもやシイラ。。。3連発ですか。しかも、シイラと遊んでいるうちに、マイクロフリップのウリであるホログラムのパケを食いちぎられてしまいました。がっくり。予備がないので、モニター終了です。たはは。

さて、絶好調のウヒャウヒャさんは、シイラの後に2枚めのマダイ、そしてマハタまで釣り上げて、あっという間に四目達成してます。私は。。。少々焦りますが、スローピッチに替えても、何もなし。気づくと、船がかなり西に流れて来て、風も強いまま。帰途にかなり時間を食いそうです。残り2時間というところで、船長が三保へと舳先を巡らせました。約1時間で三保沖に戻れました。水深はやや深くなって、120mくらいです。

スローピッチ継続。
潮でけっこう流れてるようなので、230grのクランキー、ロッドもインフィニティの4ozに替えます。潮上にキャストして、ラインが落ちるのを待ちます。着底でゆっくりあおると。。。うん? 重い。これは何? リールを巻きますが。。。まったく魚信なし。重いだけって、イカ、タコ、海藻。。。あれこれ想像は巡りますが、正解は。

エビ。

海老ではなくて、ジグのテールフックがメインラインに絡んで、ひっくり返ってる現象。クランキーはよく動くジグで、たまにこれがあります。少し期待していた分、落ち込みますが、気を取り直して、再投入。。。着底を待って、あおります。ずん。うん? なんか重いです。

「またエビかなあ」

リールを無造作に巻いたら、ぐぐん! あ、魚信! 慌てて、リールの巻きをゆっくりめにします。ぐぐん、ぐぐん。おー、久しぶりの魚の引きです。慎重に、慎重に。。。

画像上がってきたもは、サワラ(というか、50センチ前後なので、サイズ的にはサゴシ)。数年前に新潟の堤防で釣って以来でしょうか。しかも、引っこ抜いて船内に取り込んだ途端、リーダーがぷつり。サゴシの歯でジグのすぐ上あたりでスッパリと切れてます。どうやら、サゴシはフォール中にジグを丸呑みした? 上げてくるときに切られなかったのがほんとにラッキーでした。ほ。

さて、スローピッチ継続。
もう正午近く、そろそろ沖上がりです。投入して、底からあおったら、ぐぐん。え? またまた魚信? 思わず声が。。。ウヒャウヒャ! あおってリールを巻きます。巻きます。途中でもぐぐんぐんと暴れて、重さもしっかり。これは期待大。。。と思ったら。

え? なんだよ。。。上がってきたのは、駿河湾のジョーカーと呼ばれる、エソくん。全長40センチ近い、大型です。高級蒲鉾の材料です。が、これはリリース。。。で、タイムアップ。世界遺産の三保の松原を左手に、龍神丸は帰途へとついたのでありました。

本日の釣果:ガンゾウヒラメ、サワラ、シイラ、エソ!


   にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
   にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
まいど〜!
名前変わってるし…(笑)
期待のカツオがいなくて残念でしたね〜。
うねりがあって、やり難かったし、
魚が小振りだったけど楽しめました。
ガンゾウヒラメ…初めて見ましたよ。
ウヒャウヒャ
2017/09/25 09:18
> ウヒャウヒャさん

こんちわー。
背後からウヒャウヒャやられましたから、新しいネームを背負っていただきました。いやあ、ひとり勝ちでしたね。あめでとうございます。マダイ、マハタ、どっちもぷりっとうまそうでした。私のサワラ、ヒラメは一夜干し(曇り続きで、ピチットで冷蔵庫干しです)にして今夜食卓に登場の予定です。ガンゾウヒラメはイマイチのウワサですが、旨いといいんですが。
みやざき
2017/09/25 14:44
サゴシはどうですか?
そのサイズだと脂イマイチですかね…

ガンゾウもルアーに食ってくるなんて驚きです!
そろそろ出撃したいなあ〜
あおみの
2017/10/04 11:24
> あおみのさん

こんちわ!
サゴシは一夜干しにしてさっと焼いて食しましたが、魚肉むちむちで、かなーり点数高かったです。もっとでかいと刺身もOKかもしれませんが、あのサイズだと塩で水けを抜いたほうが旨いようです。ガンゾウも同様にしましたが、こっちはタイミング的にもっと干したほうがよかったかもです。さらっとした上品な味ですが、うまみが。。。もう相模湾のマグロも終わりそうですよ。10月後半に本メジ(クロマグロ)が入ってくるという噂もありますが。
みやざき
2017/10/04 11:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
駿河湾で近海ジギング、珍しいのが釣れました 週末海釣り族/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる