週末海釣り族

アクセスカウンタ

zoom RSS 真鶴沖、久々のティップランエギング

<<   作成日時 : 2017/11/22 14:22   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像寒くなりました。秋から冬へのこの季節は釣りものもちょうど変わり目です。かつては夏の青物から冬の根魚さらにはふ頭シーバスへという流れでしたが、今年はもうひとつ選択肢が増えてます。それは、昼間のアオリイカ狙い=ティップランエギング。去年初めてやってみて、大苦戦、微妙な竿先の動きに翻弄されながらも、しかしなかなか楽しい釣りでした。そんなわけで、冬シーズン、まずは真鶴沖に向かいます。

午前5時半。
いつもの真鶴港ふ頭には釣り船が2艘、中深海ジギングとティップランです。船長に促され、私がティップラン船に乗り込もうとしたら「あれ?中深海じゃないの?」と背後から声。はい、イカに遊んでもらえたら、次はそっちへ乗りまーす。

ドテラ流し(船を風に流しながら釣る)のティップラン、今朝の釣り座は右舷限定です。釣り人は6人で満席。じゃんけんに負けた私は胴間です。ようやくうすぼんやりと明けてきた真鶴港をYoshi丸は出て、すぐに停止。最初のポイントは港から5分くらいでした。

「はい、いいよ。水深27m」

ティップラン用のエギ、スクイッドシーカー35grムラサキを投入します。ラインは少し斜めになりながら、どんどん出ていきます。底どり、ふっとラインが緩んだところでリールを巻いて糸ふけをとり、3−4回ロッドを素早くしゃくります。そして、フォールからエギを停めてアタリを待つ。船が流されるのに合わせて、エギもステイしたまま、タナをゆっくりスライドしてきます。ラインを張って竿先(ティップ)の動きに注意を集中。去年の経験から、アタリのパターンは抑え込む、揺らす、戻るなど、いろいろ。波の揺れとは違う感じがしたら「とにかく合わせる」んだそうです。しばらくしてアタリがないと、もう一回大きく数度しゃくりステイ。その日のタナによっては、さらにあおってから、フォールで底どりからやり直しです。最初の流しは全員、異常なし。船は風上へと移動して、またドテラ流し、を繰り返します。

「昨日は12シャクリで食ってたなあ。ムラサキとアオがよかったよ」

とりあえず、色はムラサキでオッケー。しかし、底から12シャクリとは、アオリイカにしてはずいぶん上のほうです。それでも教えられたとおり、12シャクリまで繰り返していると。

くん。

お?

竿先が抑え込まれました。来たか? 大きくロッドで合わせます。

ぷつ。

え?

竿先が軽くなりました。ラインブレーク? 急いで回収してみます。リールを早巻きしてもエギの抵抗がまったくありません。やられました。ノットの上あたりできれいにラインが切れてます。イカじゃなくて、これはフグ? さっそくエギ1個奉納。底とりが必須のティップラン、根掛かりは避けられません。対策として一応、予備の替えスプールは持ってきてますから、すぐに交換して、エギもムラサキで継続です。お! 左となりがロッドを曲げてます。うん? アオリイカ独特のジェット噴射が。。。ありません。

「コウイカだあ」

別名、スミイカのずんぐりむっくりが上がってきました。舟板におろした途端に墨をぴゅー! やばい、逃げろ。。。セーフ。飛び散った墨はすぐにバケツに海水を汲んで洗い流します。そうしないと、乾くとイカ墨は洗っても落ちないのであります。

ひと騒ぎした後、船は少し移動。今度は夜中に仕掛けられた大きな定置網のわきを通り、真鶴半島へと近づきます。

「水深40m。下にロープがあるから注意してよ」

はい、と答えつつ、引っかかったらどうするのと疑問符いっぱいで投入します。すると案の定、根掛かり。いろいろやってみますが、外れません。やむなくリールをロックして引っ張り。。。ぷつ。エギ2個め、奉納。いったん釣りは中止して、オオドモに移動、切れたラインを組みなおしです。幸い、風もゆるく、0.6号のPEに2号のナイロンリーダーをFGノットで、と準備していたら、船長から声。

「エギングならこれで十分だよ」

リーダーをわっかにして、PEでくるくる巻いて締めてくれます。なんと1分もかかりません。マジ速い! これはなんというノットなのでしょう。家でもう一回やってみてから実践投入します。

最後のムラサキエギ35grを付けて、投入します。水深は40m。底どりからしゃくってステイ、しゃくってステイ。

くいん。

お!

竿先を抑え込むようなアタリです。すぐに竿を大きく立てると、ぐぐんという重みが手元に伝わってきます。よし、乗ったぞ。リールをゆっくり巻きます。ぐぐんぐぐん、時折り、アオリイカ特有の引っ張り込むような動きがあります。

画像上がってきたのは、小さめながらもアオリイカ。今年の初物です。船長に記念写真を撮ってもらいます。ぱしゃ。やー、めでたい。船中にもぽつぽつとアオリイカが上がり始めてます。しかし、イカの食い気は長続きしません。

「昨日は悪くなかったんだけどなあ」

釣りのあるある。船長がぼやきます。それでも、その後、数回、竿先を叩くようなアタリはありました。が、乗らず。渋い時間だけが過ぎていきます。もうそろそろ午前10時という頃に底どりからのしゃくりで、ずん。さっとロッドを立てると、ずんと重みがあります。何かが乗った! しかし、アオリの引きではなさそう。。。あげてみたら、コウイカでした。しかも、船に上げたら墨をまき散らして。。。写真無し。代わりに、墨に汚れた長靴の写真です。かなり海水で洗いましたが、墨は。。。取れません。これでもかーと洗ってるうちに「はい、時間でーす。上がりまーす」。うーむ、今回もいまいちな結果に終わってしまいました。これはもう一丁、であります。

墨で汚れた長靴
画像


本日の釣果:アオリイカ、コウイカ

使用タックル ティップランエギング
ロッド: C.O. オーシャンソード OS-65ML
リール: シマノ ヴァンキッシュ C3000
ライン: デュエル ハードコアx8PE0.6号x150m
リーダー: デュエル ハードコア エギングリーダー2号 50cm
エギ: バレーヒル スクイッドシーカー 35gr

   にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
   にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
真鶴沖、久々のティップランエギング 週末海釣り族/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる