週末海釣り族

アクセスカウンタ

zoom RSS 小名浜(福島)からスローピッチ、アカムツを狙います 後編

<<   作成日時 : 2017/12/26 15:34   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像承前。

釣れません。

同船者には、餌釣り、ルアーともに順調に本命アカムツが来ているというのに、私のクランキーにはまったく気配無し。ここまで3時間、釣れたのは小鯖1尾のみという悲惨な状況で、へたり込みそうです。いったい何が悪いのか。ジグ? しゃくり方? それともフォール? いろいろ試してます。しかし、頭は次第に真っ白になって、アイデアが湧いて来ません。。。あれやこれや、釣りの引き出しはぜんぶ開いてみました。釣れたルアーマンのアクションもコピーしてやってます。放置プレイ、超スロージャーク。。。ナッシング。

うーん。

そんな悩める私の頭に、佐藤大先生のコメントが蘇ります。

スローピッチで煮詰まったら、ジグを変えましょう。それもカラーチェンジではなくて、形、あるいは重さがぜんぜん違うものにしてみる。抵抗があるかもしれませんが、人間の気分転換になりますし、たまーに、魚の反応が良くなることもあります。(佐藤統洋、SPJ講習会より)

ですか。。。しかし、今使ってるクランキーは私にとって数少ないアカムツ実績ジグであります。この他に実績があるのはスパイV。ただスパイVはあいにく、軽い250grしか持って来てません。となると。。。

あれこれ迷った末に、ジグケースから取り出したのは、クランキーと同じSFC製のアーク、320grでありました。そう言えば、こっち(小名浜沖)のヒラメで大活躍してくれたのがアーク(ヒラメは170gr)です。中深海ではまったく実績無しなのですが、それはアカムツで使うのが今回でわずか2度めだからかもと。アークはノッペリとしたセミロングジグ、クランキーに比べると動きも素直でおとなしめのイメージです。果たしてそれが吉と出るかそれとも悲しきドツボ継続か? 4オンスのタックル(インフィニティB634、ジガー2000NRPG、ラインFL1.5号、リーダー30ポンド)につけて、船の後方へちょい投げキャストします。相変わらず、ラインはミヨシ側へ流れ気味。後ろへ投げるとちょうどいい塩梅にラインが立ってくれるのです。

着底。ゆっくり持ち上げます。

ずん。

お!

ずんずん。

お、お、これは。

ずんずんずん。

。。。本命っぽい。。。です。

慎重にリールを巻きます。魚はかなり暴れて、そして静かになったかと思うと、またひとしきり暴れます。あー、このバタバタと外れそうな感じ。。。懐かしいぞ、本命っぽいぞ。巻きます。おっととと。。。暴れるときは巻きスピードを落として、慎重に、バラしたくないぞ、うん、これはバラしたくない。。。などと呟きながら。。。巻きます。。。ようやく海面近くに輪郭が見えてきました。赤い。。。

「タモタモ、タモー!」

と叫んだようです。すぐさま、あおみのさんがタモですくってくれました。

画像午前10時ちょうど。やっと本命アカムツ、来ました。ヤッホー! 内心は正直、やれやれ。。。であります。これでまさかのひとりボウズはなんとか回避。さらにアークでは初アカムツ。記念写真をパシャパシャと撮り、海水を張ったバケツに放り込み、うっしゅー、思わず大きなため息が出ます。ジグを変えたのが良かったのか、それともたまたまそこにアカムツがいたのか。もしそうだとしたら。

思い当たって、すぐにジグを落とします。ふつう、アカムツが1尾釣れたら、そこには最低でも10尾は泳いでいるというじゃないですか。アカムツは群れている。ならば。。。

ぐぐん。

着底からひとあおり、ロッドが戻ったらラインテンションを抜いてフリーフォール。。。で竿先が引っ張り込まれます。

来た〜。
また来た〜。

慎重に、慎重に、と自分に言い聞かせながらも、思わず顔が緩みます。巻きます、巻きます、巻きます。パタパタ、パタッ。さっきより軽いのですが、この断続的な抵抗はアカムツ、でしょう。魚はしきりにパタパタ、暴れてます。その度に私の心臓もパタパタ。。。

画像午前10時13分。
本命アカムツ、2尾め、ゲットです。しかも、まさかの2投2しゃくりで2尾、連発。前半の大苦戦はいったい何だったのでしょう。ちょっと待て。。。まだ下に群れているかもと、すぐにアークを落とします。すると、着底と同時に、コツン。クイン。ふっ。うー、ざんねん。明確なアタリがあったのですが。。。乗りません。底ネチ大作戦ですぐに落とします。しゃくります。くくん、くくん、ふっ。またまた追いかけてきましたが、フッキングせず。そこで一度20mくらい巻き上げてから、再度落とします。。。

が、アタリはそこで途絶えました。どうやら、船はアカムツの群れを過ぎたようです。ぷー、移動。

「底ベタ、だったでしょ」

あおみのさんにうなずきながら、ジグをしげしげと眺めてみます。アーク、どうということのない、ふつうのセミロングです。アピールはあまりなさそうなのに、アカムツ2連発。。。これでアークは一気に一軍ジグへと昇格です。しかし、悲劇は容赦なくやってきます。約1時間後。実績ジグとなったアークですが、回収時に餌釣り氏たちの太いラインと交錯してラインブレーク。アカムツジギング2回の投入で、まさかの殉職となりました。アーメン。

さて、アークのおかげ?ですっかり楽になった私。もうルンルン気分でありましたが、周囲の絶好調も相変わらず続いてました。餌釣り氏たちは仕掛けをあげるたびに、本命やら高級な外道を確保、ルアーマンも美味しいメヌケ、タラ、メバルなどでクーラーがカラフルになってます。小名浜沖のアカムツポイント、ハンパありません。そんな中、私はこっそりとジグをクランキー290grに戻しました。

アークで釣れて、クランキーはダメ。

というのが、どうも納得できないのです。クランキーはフリーフォールで上手くいくとイカのようにクインクインと横滑りします。このアクションを見たら、たいていのフィッシュイーターはリアクションバイト、我慢できないはず。。。

水深は変わらず250m前後、クランキーを落として、しゃくり、フリーフォールを繰り返します。左隣りであおみのさんが、うまそうな魚を次々とかけてます。アカムツも二枚め、さらには「来たー」とマダラ、加えて、メヌケを2連発まで。。。う、う、うらやましいぞ。

ぐぐん。

来た!

クランキーにそれらしいアタリです。フォール中だったので、あおみの式アワセをくれてやります。

ぐぐん、ずーん。

乗った! うん? なんか変。

きゅいーん。

後ろで電動リールが唸ってます。すると、竿先が引っ張られて。。。やばい。餌釣り氏の仕掛けに絡んでる! 魚も惜しいですが、こすって切られては元も子もありましぇん。泣く泣く、テンションを緩めます。

きゅいーん。

あー、アカムツっぽかったのになあ。

きゅいーん。

上がって来たエサ仕掛けには、やっぱり私のPEライン(本線)が絡んでました。エサ釣り氏は仕掛けをハサミでチョッキン。。。私のラインがすぐにフリーになります。

「リールを巻いていいよ〜」

エサ氏からの合図で、ラインを回収します。うん? 重い。。。まだ誰かと絡んでる? しかし、左舷のエサ氏全員、すでに仕掛けは回収済み。いったい、なぜに私の回収は重いのでありますか。

ジジジ。

早巻き回収すると、ドラグが滑りそうです。頭の中は疑問符がいっぱい。やがてリーダーが出てきて、その先に。。。あらら。。。赤い魚が付いてます。

アカムツ?

赤い魚体がくるりくるり、海面にぷかり。。。

アカムツだ!

画像12時3分。
アカムツ、3尾め、確保です。しかも、アタリジグはクランキー。やっぱり釣れるじゃん。フロントフックが下あごにしっかりと刺さってます。ちなみにここまでのアカムツ3尾、すべてフロントフックが口元にしっかりかかってます。エサ氏と絡んでも、その後に無造作に早巻きしても、ぜんぜん大丈夫だったわけです。

その後も、クランキーの物語は続きます。すぐ後に、底どり一発のアオリからのフォールでクイン!と明確なアタリ、すかさず、あおみの合わせをくれると、くいんくいん。乗ったー。

「これがアカムツ4尾めだったら、もう最高!」

ニヤニヤしながら、巻きます。巻きます。。。が、上がってきたのは、黒い魚。。。ドンコでした。見てくれは悪いが味は良いとか。そんな話を交わしていると午後1時、後半盛り返したアカムツジギングの沖上がりとなりました。

本日の釣果:アカムツx3尾(3尾は新記録)、小鯖、ドンコ

追記)ルアーの竿頭は、アカムツ5枚! ナナミさんも貫禄の4枚。さすがであります。

使用タックル:

ロッド:オシアジガーインフィニティ B634
リール:オシアジガー 2000NRPG
ライン:ファイヤラインカラード 1.5号x1000m
リーダー:バリバスフロロカーボン 30ポンドx5m
アシストフック:ボーズレス ツイン2/0 4cm
アタリジグ:SFCアーク320gr、SFCクランキー290gr
(カラーは写真を見てください)












   にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
   にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやー
3本おめでとうございます!

最後のクランキー締め、お見事でした!

しかし沢山釣れて楽しかったですね〜
また行きましょう!!
あおみの
2017/12/28 17:54
> あおみのさん

ありがとうございます。
最後にクランキーで掛けられたときは、マジでうれしかったです。そうでないと、たぶん、次回はアークしばりになってそうで。これでスパイV、自作も含めると今年は4種のジグでアカムツが釣れました。たぶん、アカムツはジグを選ばない。。。という確信がちょっとだけ深くなったような。。。しかし、あなたは釣りすぎ!メヌケ、タラ、メバル、もちろんアカムツetc、ジグで6目なんてふつうはありえんでしょう。はい、また行きましょう!
みやざき
2017/12/29 07:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
小名浜(福島)からスローピッチ、アカムツを狙います 後編 週末海釣り族/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる