真鶴沖で中深海ジギング、サメ、サバ、白ムツでした

画像このところ、なかなか本命が釣れません。一応、メダイやらクロムツやらと美味しい外道をゲットできているので不満はないのですが、そろそろ本命ゲット!と叫びたいところ。晴れ予報の週末、地元神奈川県真鶴港から中深海の半日船に乗り込んでみました。しかし。。。

午前5時半過ぎ。
第五よし丸はいつものように、真鶴半島先を右に折れ西へと向かいます。今日は250mラインを狙うとのこと、ジグは主戦、230grクランキーです。右手に湯河原温泉街を見ながら、船長の「いいよー」でジグを落とします。ラインはすーっと素直にまっすぐ落ちて行きます。ズボッと着底。。。底からゆっくりめのハーフピッチジャークで誘います。うん? トモのルアーマンがさっそくリールを巻いてます。しかも、女々巻き。。。これは早速の本命登場? 私の方はハーフピッチジャークで5mくらいまで探って、落とします。さらにしゃくって、落とします。

「おー、本命だ」

小ぶりですが、トモに上がってきたのは間違いなく、アカムツ。これは開始早々、いい感じです。ひょっとして今日は楽勝か? なんてノーテンキなセリフを吐いていたら、なにやらジグが重くなりました。小さなゴミ?

忘れてました。真鶴だけで釣れる、白ムツくん、またの名をオオメハタ。白身で美味しい魚ですが、いかんせん、サイズが小さ過ぎてキープには忍びなく。。。リリースします。

あ。

一羽の海鳥がさーっとやって来て、波間に漂う白ムツをくわえて飛び去りました。、まるでどこからか見ていた? たぶん、1秒もかからない早業です。

さてしばらく同じポイントを流し直しますが、期待した本命のアタリはないまま、時間がどんどん過ぎていきます。しかも、水深250mの底あたりでサバがかかり始めました。私のジグにはダブルも。。。まー、最近、サバクン(サバの温燻)を楽しんでいるので、個人的にサバはオッケーな外道なんですが。船長、移動です。

少し熱海寄りになったでしょうか。右手にはリゾートホテルやセカンドハウスらしき瀟洒なコンドが海に向かう急斜面に林立しています。水深は変わらず250m前後。クランキー230grで続けます。着底からゆっくりめのハーフピッチ、そしてフォールもゆっくりめに。。。

ぐぐん。

竿先が重くなりました。サバ? ぐいんぐいんと引き込まれますが、サバにしては横走りしません。ロッドで合わせて、巻きます。重い。。。もしこれが本命なら、間違いなくキロオーバーでしょう。巻きます。巻きます。途中でグイングイン。うーん、微妙。アカムツっぽくもありますが、あのゴンゴンという感じとは。。。

げげ。

画像海面から魚影が見えました。くるりんくるりんと大きな魚体が上がってきます。そうでした。真鶴沖にはこれもいるのです。サメ。ラインを体にぐるぐる巻き(かなり途中で暴れた結果でしょう)して、フックは完全に飲み込み、アシストラインがほぼ噛みちぎられてます。船長が笑いながら、タモイン。ジグを外して、即リリースです。ミヨシに下りていた海鳥は、サメをちらっと見て、そっぽを向きます。サメは海面で一度ねずみ色の体を反転させ、悠然と深みへ泳ぎ去りました。

その後、リモコン片手に船長も参戦して、3人でしゃくります。船長にもサメ、トモにはサバ、私には白ムツ。。。アカムツの魚信はなし。クランキーからスパイNに変えても、サバ、サバ、で無念の沖上がりとなりました。残念。

本日の釣果:白ムツx2、サバx4、サメ

画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

あおみの
2018年03月19日 12:56
さめ…
たしかに似てますよね~
首振るし突っ込むし、、、

真鶴は最近、40cm前後ばかりなので、小型は珍しいですね。
次回は釣って下さい!!
みやざき
2018年03月20日 08:11
> あおみのさん

久しぶりにサメ、でした。いい感じだったんですけどねー。真鶴は潮が素直で軽いジグが使えていいんですが、魚影はやっばり福島、茨城ほどじゃない感じ。なかなか厳しいです。ずっと好調だった沼津もイマイチみたい。で、次は懲りずに、これまた激渋のマダイ調査やってみます。

この記事へのトラックバック