茅ケ崎港からキハダ・カツオ船の便乗ルアー、出撃!

画像行ってきました。キハダカツオ船の便乗ルアー。例年ならエサ釣り解禁の8月から大盛り上がりの相模湾マグロ、のはずが、今年はちょっと変調気味なのです。あちこちの釣果情報によると、大本命の大型キハダがほとんど上がっていません。いつか来る、きっと来る。。。ジリジリとマグロの食いだすタイミングを待っていました。が、もう10月。このままだと今年はまさかのノートライ? んなわけには行きませぬ。予報は晴れ、微風、波はたったの1m。これはもう行くしかありません。

午前7時。
茅ケ崎港の岸壁には黄色のオキエモン丸船団がずらーり。釣り物はマダイ、アマダイ、マアジ、LT五目、カワハギ。。。で、キハダ・カツオ船もいました。3号船と5号船の2艘出しです。どっちもヘビーな電動タックルを抱えたエサ釣り氏でほぼ満船。そんななか、ただひとりのルアーマン(私)は3号船のミヨシにセットします。持ってきたタックルは3組。マグロ用エビング(PE8号、両軸リール)、カツオ用ジギング(PE3号、スピニング)、それにカツオ用エビング(PE4号、スピニング)です。マグロ用ジギング(PE6号、スピニング)は今日は出番ナシと読んで、家に置いてきました。さあ、準備です。まずはこの釣りで重要なドラグ調整から。なにせカツオもマグロもバイトしたら走ります。大型だと100mくらいは一気に持っていかれていしまいます。しかし、今日はほぼ満席の乗合船であります。ミヨシぎりぎりまでエサ釣り氏がいます。お互いの平和のためにも、ドラグジャージャーは禁止。ギリギリとドラグを締めて。。。だいたい、それぞれのPE号数=KGという感じで、ドラグチェッカーで確認します。オッケー。

「はーい、それじゃあ、がーがー。ちょっと走ります。がーがー。台風明けなので、魚の群れをまずは探しますねー、がーがー」

あれ? 船長の声が変? 風邪?
第三沖衛門丸は茅ケ崎港を出て、まずは南へ、そしてしばらくして西へ舵を切りました。空は曇って肌寒い日和ですが、風はなく、海も穏やか。見通しのきく海況で、ルアーマン期待の鳥山をと360度見回してますが、ナッシング。鳥の影すらありましぇん。30分ほど西へ走って、今度は大きく転回してます。左手にパヤオが見えますが、魚は付いてないようで、素通り。そのまま南東方向? 三浦半島の先っぽが少しずつ近づいてきます。すると、水平線のかなたに船団の影が。

「ありゃカツオだなー」

ミヨシ寄りのエサ釣り氏が目を細めてます。雲が切れ、太陽が出てきました。船はゆっくりと船団に近づいていきます。

画像「準備しといてね~」by 船長。

その声で、エサ釣り氏たちがオキアミを針に付けはじめました。ビシにもオキアミを詰めてます。30隻ほどの船団を最後尾から追い抜き、すぐにスローダウン。

「はい、いいよー。15mから20m」

この浅いタナならカツオでしょう。まずはカツオジギングタックルから。ミヨシ左側からメタルジグ50gr(電ジグ50grフルシルバー)を前方へちょいキャスト。ラインカラーで30mくらい沈めて、速めのワンピッチジャークで反応をみます。

「はい、当たってるよー」

すぐ隣り、ミヨシ左1番のエサ氏のロッドが曲がってます。竿先が小刻みにプルプル。。。上がってきたのは。。。おー、小ぶりのカツオ、たぶん、1kg前後。左舷も右舷でも何人かが竿を曲げてます。これは活性高いかも。ジグをキャストして30m、そこから短めのハイピッチジャークで誘ってみます。

かつん。

来た!

ふ。

バレたー。

「はい、上げといてー」by 船長。

いっせいに電動リールが唸ります。回収、そして移動。すぐさま、泳ぎの速いカツオを追いかけます。船団の最後尾からまた先頭へ、そしてスローダウン。「はい、いいよー」今日はこの繰り返しになりそう。

投入からすぐにエサ氏の竿が次々と曲がっています。たった一人のルアーマンとしては気分的にあおられてます。電ジグ50grを前方へ投げて、30mからハイピッチジャーク。。。かつん。お。ふっ。またバレたー。2連続バラしとは、これはマズイ。上がっているのは1kg前後の小型です。大きめのアシストフック(3/0)だと掛かりが悪いのか? それとも合わせのタイミング? 久しぶりのファストピッチなので、感覚がつかめません。スローピッチだと大きめのフックでもぜんぜん気にならないのに、なぜか今、フックが気になる→私?

「はい、上げといてー」
移動。。。

群れの移動が早い。せいぜい2回投入ですぐに回収です。フックが悪い?うーん、開始早々、バラしで嫌な雰囲気。。。気分を変えてエビングにチェンジします。船がスローダウン、船長の合図で少し前方へキャスト。。。あ。今度はハリスがメインラインに絡んだ。落ちたジグが海中でくるくる回り。。。回収してみたら、ぎゃー、ひどいヒトリマツリ。がっくり。船中はカツオのアタリ連発で盛り上がってます。私はひとり座り込んで、絡みを解きます。。。で、移動、投入は一回休み。思えば、エビングもほぼ1年ぶりでした。絡んだ12号のフロロハリスを慎重に解きながら、エビング仕掛けの投入注意点を必死で思い出します。えーと。まずはハリスが絡まないように、風向きと潮の流れをチェック。仕掛けを風下もしくは潮下に置き、メインラインを追い越さないように投げること。次に、仕掛けがタナに届いたら、ハリスを潮に馴染ませるために、最低でも10秒、じっと待つこと。最後に、しゃくり上げとフォールにちょっと時間を置いて、魚が食う間を入れてやること。。。だったかな。

ハリスを解いて、ルアーマン復活。

慎重に投入します。風上にゆっくりと投げて着水。。。ラインカラーで20mくらいまで落とし、10秒待つ。ハリスが馴染めば、リーダーとハリスで合計10m近くあるので、先端のワーム(シラウオ)は潮が緩やかなら30m付近まで落ちてくれるはず。そこからゆっくりめの2ピッチジャーク(竿を大きくしゃくり上げ、リールは二回巻き)で誘ってみます。

ぐぐん。

来た!

しゃくり始めから5回めくらいで、はっきりとアタリが出ました。すぐに合わせて、リールを巻きます。。。軽い。これは小さめだ。しかし、今年初の本カツオ、嬉しいぞ。。。などとニヤニヤしながら巻いていたら、カツオが海面で大暴れ。あれっという間にフックアウトです。あちゃー。どうしたルアーマン、ジグから通算、3ヒット3バラし。。。泣。移動。

ひとり、作戦を練ります。
バレないためには何をすれば。。。まずはドラグを少し緩めて様子を見ます。あのサイズのカツオであれば、たぶん2kgくらいでもイケル? ヤバそうならやりとりしながら締めればいいし。。。さて。

で、午前8時16分。

ぐぐん、じじー。

え? あ。

なんとドラグが出ます。出ます。出ます。

「お、ルアー来たねー。大きいんじゃない」by 隣りのエサ氏。

いや、あの、ドラグを緩めたから。。。とは言えず、カツオの走りが止まるのを待ちます。20mくらい。。。で、ささっとさりげなくドラグを締めます。よし、そこからゴリ巻き、カツオはときおりググンと抵抗しますが、難なくリーダーまでま回収。そのままミヨシから左舷胴間に下りて、タモ待ちします。

画像2018年初の本カツオは45cm、1.5kgでした。やれやれ。

さて、なんとなく要領を掴んだエビング、快進撃は続きます。

画像午前8時27分。
55cm、3.5kg。
なんとドラグを締めていたのに、ガンガン走られ大慌て。

画像同8時36分。
45cm、1.5kg。
もうこのサイズは楽勝、すいすいと確保。

船中、カツオ連発で大盛り上がり。さあ、クーラーボックスにあと何尾入るかなとルアーマンも笑みが溢れます。。。そして、運命の9時ちょうど。そいつはやってきました。

「はい、いいよー」

相変わらず、カツオ船団の追い抜きっこは続き、先頭に出てスローダウン。船長の合図でエビング仕掛けを前方に少しキャストします。かなり勘が戻って、ほぼ絡み無しになってきてます。タナは相変わらずの15-20m、ラインカラーで20m付近まで着水させてから、ゆっくりと10秒。そこから大きく竿をあおり、竿を下ろしながらリールをふた巻き。ここでワームはしばしフリーフォールになるはず。そしてまた大きく竿をあおります。

ぐぐん。

ほい来た。

ぐぐーん。

おや?

じっじじじー。

えー?

増し締めしておいたドラグが軽々と出されてます。思わず、リールを確認。タックルを持ち間違えたかと。間違いありません。ツインパワー8000HG、PE4号です。

じじじー。

「お、でかそうだなー」by 左隣りのエサ釣り氏。

「はい、今日イチっぽいです」

じじじー。

あー、まだ魚が走っている。幸い、魚はミヨシから沖へと向かってます。これが反対側ならエサ氏の仕掛けとオマツリ騒ぎ。。。反転する前に早いとこ回収しないと、これはヤバいぞ。マジで焦ります。

「けっこう走りました?」

大型のタモを片手に船長もやってきました。

じじじ。

すかさず、ドラグを半回転だけ締めます。PE4号ならもうあと半回転くらいはだいじょうぶなはず。ミヨシからゆっくり下りて、足場の良い海面に近い左舷胴間で竿尻を下っ腹にあてます。竿(天龍ディープライナー)が大きく曲がってますが、竿を信じて、ゆっくりポンピング。ようやく魚の抵抗は収まり、回収できそうです。大きく竿であおって、リールを巻きます。15mで食ってきたのに、ラインカラーでひとまわり近く、40m以上は出されてました。巻きます、巻きます、じじじ、魚も諦めません。しかし、徐々に寄って来ました。

「見えた! でかいわー」

私にも見えます。カツオです。しかし、でかい。。。たぶん、上げることができれば、ライフベストのような。

でかいタモが船べりで待っています。デカカツオの顔を海面から出すようにして、タモに誘導。。。じじじ。。。海面で大暴れ、ドラグが滑ってやり直しです。ゆっくりと寄せます。今度は大丈夫でした。無事、タモイン!

画像やりました。実測70cm、7kg。
これまでの最大サイズ、重量(61cm、4kg@
おきえもん丸、2012年11月)ともに抜いて、ライフベストでありました。やったー。

「おい、これクーラーボックスに入る?」

エサ氏に指摘され、うーん、その問題がありました。が、そこは35リッターです。ひやしていたドリンク類を取り出したら、尾っぽを折り曲げてなんとか収まりました。しかもめでたくもこの1尾でクーラー満タン。もう氷を出す以外に何も入りません。

「もっと大きいクーラー持って来なきゃねー」

はい、本日の釣り、終了。

まさかカツオをキャッチアンドリリースできませんし。そんなわけでカツオタックルを片付けて(キハダが始まったら、もちろん参戦するので、マグロタックルはそのまま) エサ釣り氏たちの釣りをのんびり観戦。。。していたら、ひとつ気になることが頭を過ぎりました。

ジグでバラしたのは、なぜ?

で、ジギング再び、です。電ジグ50grにシングルフック3/0をつけて、ミヨシから投げ飛ばします。着水から25mくらい落として、ハイピッチジャークで回収します。イメージとしては斜め引き。右に投げて、ナッシング、正面に投げて。。。

カツン。

よし、竿でグインと合わせます。

クインクイン。

よしよし、乗ったぞ。

グイグイ巻いて寄せます。幸い?さほどおおきくなさそう。すぐに船べりまで寄せて、そのままぶっこぬき。

画像午前10時3分。
カツオ5尾めは45cm、1.5kg、ジギングでゲットでした。結局、バラしはフックの問題ではなく、単に未熟なルアーマンの合わせ不足であったそうな。。。♪ちゃんちゃん。

追記:今回はキハダ探求なし。台風でキハダが散ってしまったのか群れが見つからず。



本日の釣果:本カツオx5尾、70cm(7kg)、55cm、45cmx3、バラし数本

使用タックル:カツオエビング

ロッド:天龍ジグザムディープライダーJDR561S-6
リール:シマノツインパワー SW8000HG
ライン:デュエル Hardcore X8 PE3号 300m
リーダ:バリバス ShockLeader 50Lb. ナイロン 5m

エビング天秤:ダイワ エビング用ストレート天秤
エビングジグ:ネイチャーボーイズ スイムライダー125gr緑金
エビングハリス:シーガー船ハリス フロロカーボン12号x3m
エビング針:オーナー キハダマグロ15号ケイムラ
エビングワーム:ダイワ DRスティック 3.5インチ シラウオ(白)

この記事へのコメント

ささだ
2018年10月04日 17:02
旨そうな丸々太ったカツオ7㌔おめでとうございます!最終戦ご一緒ヨロシクお願いします!
みやざき
2018年10月04日 19:37
> ささださん

ありがとうございます😊
予想どおり、カツオメインでしたが、70cmにはびっくり。翌朝は竿を支えた左肩がかなり痛くなってました。エビング強し、ですね。はい、最終戦、楽しみです。天気が良いことを祈ってます!
☆★ume★☆
2018年10月30日 07:58
今シーズンはカツオなんですね。
それも良型が何本も!
いやぁ、羨ましい。。。
まだギリギリ終盤間に合うなら釣行しようかと思います。
みやざき
2018年10月30日 19:57
> ☆★ume★☆さん

今年はキハダの勢いがイマイチでしたが、カツオはバリバリ。まだぎり、間に合うかも。もし遠征あるなら一緒にデカイやつ、仕留めましょう。

この記事へのトラックバック