2019年、初釣りは波崎沖で中深海ジギングです

画像やっと初釣りに行ってきました。年初に福島遠征を予定していたのですが、不覚にも体調不良でパス。仕切り直しで波崎沖、中深海ジギングです。天気予報も風波予測もまずまず、今年の初フィッシュを求めて、いざ!

午前5時。
車を停めて乗船名簿を書いていると第8仁徳丸の船長が近づいてきます。ん? マジメな顔。ひょっとして海況が悪い? 違いました。ニヤッと笑って。
「今日はプロが乗ってるよ、ほら」
書き込んだばかりの乗船名簿を一枚めくってみせます。ん?
「高知県がずらっと並んでるだろ」
おー! 手書きの乗船名簿の住所欄がすごいことに。ということは。
「そう、あのxxx(中深海専門の有名ブランド)から何人も来てるみたい」
甲板に腰を下ろして談笑している数人の釣り氏たち。赤いジャンパーの背中に大きくJAMのロゴ。。。メーカーの方たちと同船するなんて、講習会でも行かなければめったにありませぬ。これは楽しみが増えました。

ポイントまでは約1時間半。いつものように利根川を下り、外海へ、エンジン音が高くなりました。と同時に船が上下左右に揺れます。。。船酔いには強い私ですが、途中からいささか胃のあたりに違和感が。船が減速し始めて、ほっとひと息です。ポイント到着。

「はーい、それじゃ準備ができた人から始めて下さい。水深は200m、かけ下がって230mまでいきまーす」

外に出てみると、やはり海は荒れてました。北風がハンパありません。そして中深海ジギングでは珍しく、周囲にかなりの数の遊漁船が見えてます。エサ赤ムツでしょうか。

「潮はおとなしいなー」

背中から船長の独り言が聞こえます。今日の釣り座は右舷胴間、つまり操舵室のすぐ脇になります。潮が流れてないようなので、最初は290grのクランキー緑金で様子をみましょう。4オンスタックル、ラインはアカムツ用の細糸1.2号に巻き替えてきました。投入、あっ、ジグはさーっと左手、ミヨシの方へと流れます。みなさん、同じ。これはヤバいと回収しかけたら、だんだん前方に戻ってきました。どうやら表層だけが動いてるみたい。その後はまっすぐ落ちていきますが、船が激しく上下していて、下降に入るとスプールが止まってしまいます。これでは着底がわかりずらい。ラインカラーが230mくらいで、ようやくボスっと着底したようです。ラインが緩んでます。この感じは砂地かな。底から、まずはスローめのワンピッチジャークで誘ってみます。だいたい1色(10m)くらいまで上げて、クラッチオフでフリーフォール。次はハーフピッチ、さらにロングジャークからショートピッチと試してみます。が、アタリはありません。

ぷー。

「船を入れ直しますので、上げてください」

あれ? 回収を始めたら竿が急に重くなりました。ラインもどんどんミヨシの方へ。。。
左隣りのJAMさんのジグが私のラインをくるくる巻き。。。オマツリでした。パチン、躊躇せずJAMさんが自分のリーダーを切ってます。おかげでオマツリはすぐに解除できました。が、いささか申し訳ない感じ。

「はーい、今度は駆け上がりでーす」

オマツリ対策でジグを重いやつに交換します。電ジグdpx350gr(山梨ジグビルダーさん謹製)です。さすがに60g重いので、着底がよりはっきりと分かるようになりました。底からゆっくりめのハーフピッチ、ショートジャークでジグを跳ね上げるようにして、短くフリーフォールさせます。

ぐぐん。

お。

ぐぐん、ぐぐん。

魚信です。しかも、底ですがけっこう暴れてる感じで竿先が叩かれてます。ひょっとして、本命アカムツか。リールを慎重に巻きます。200mですから先は長い。。。巻きます、巻きます、巻きます。

「あー、色違い!」

画像午前7時ちょうど。
荒れ海から姿を現したのは、クロムツ、約40センチ。これも高級魚ですが、本命ではありませぬ。

「みやざきさん、今の季節ならそっちがあっちより美味いよー!」

船長、フォローありがとう。しっかり血抜きして、帰ってから炙って食べてみまーす。電ジグにとっては初のクロムツなので、山梨ジグビルダーさんに写メをとスマホを取り出したら、なんと圏外。それじゃ仕方ないと、電ジグdpxで継続、水深230mに落としたら。。。

ぐぐん。

お、また来た。

ぐぐん、ぐぐん。

画像午前7時16分。
クロムツ、40センチ。赤いのが欲しいんだけどー。

「わはは。赤ペンキ、持ってきてる?」
「あー、塗ればいいかあ」

んなわけ、ないな。でもクロムツが居ればアカムツもいるはず。電ジグdpx、ちゃんと魚にはアピールしてくれてます。このまましゃくっていれば、いずれ赤いのが来るはずとノー天気な私。しかし、現実はシビア、まさかの悲劇が待ってました。

午前7時39分。
底でピクンと反応があり、鯖が上がってきます。お前じゃねーよとばかり、船べりリリースして、そのまま電ジグdpxを落とします。少し緩めのジャークからフリーフォールを繰り返し、途中でロングジャークからテンションフォールを混ぜてみたり。

ずずん!

おー。

底からのしゃくりで重いアタリです。竿先がすすーんと絞り込まれました。これは大物だ。

「みやざきさん、根掛かり?」

違いますよ船長。ほら、竿先が。。。

叩かれてます。ジジジ。。。アカムツ用にと緩めのドラグが鳴り、リールを巻いてもなかなか上がって来ません。隙を見て、ちょっとだけドラグを締めます。巻きます、巻きます、巻きます。海は荒れてます。船が上がるたびにドラグが出て、下がるとテンションが緩みます。これはヤバイ、バレるなよー、心で祈りつつ、できる限り同負荷になるようにロッドを上げたり下げたり。

「あやあ、サメだわー」

画像げげ。
白波の間に揉まれている魚体は、たしかにサメ。電ジグdpxとサメ。。。同じ波崎沖で前回もサメに食われ破損した電ジグdpx、まるでデジャビュです。そして今回は。。。

プツン。

あ。

ジグを回収しようとリーダーに手を伸ばしたところで、ラインブレーク。サメは白い腹を見せながら、悠々と荒海に帰っていきました。

午前8時5分。
電ジグdpx、殉職。はー。

。。。

「ダメだなあ。昨日の地震のせいで魚が散ってしまったのかなあ」

船長のボヤキが聞こえます。今日の仁徳丸にジギンガーは11名、うち、JAM関係者8名、一般3名(含む私)、プロが混じっても釣果が上がりません。ポツリポツリとクロムツやユメカサゴが見えますが、勢いはなし。まさに釣りのあるある「昨日までは良かったのに」パターンです。その後、クランキー290grに戻した私も、小サバ、小ユメカサゴ(どっちもリリース)の後、良さげなアタリを連発しますが、1本めをあと30mでプルプルと来てバラし、2本目も同じく残り30mでプルプル、またバラし。。。アカムツっぽかったのに、もう胃が痛くなりそう。

「ちょっとだけ、アラ狙いやってみるか」

どうやら、今日はアカムツの日じゃないと判断したらしき船長。乗り込んだジギンガー11人にお昼まで残った1時間ちょっとをアラ狙いに切り替える提案です。もちろん誰も異存なし。船はすぐさま遊漁船団を離れます。アラポイントまで30分弱。

「水深は130mです、誰かアラ、釣ってー」

船長の泣きが入りました。私はクランキー290grで続行、ただしラインは1、2号から1、5号に太くしました。アラなら2号くらいが欲しいところですが、アカムツ狙いの今日は持って来てません。投入。。。こっちも潮はおとなしいようで、ほぼ真っ直ぐにジグは落ちてゆきます。ボソっと着底。根周りと聞いていたので、すぐにリールを巻いて底を切ります。そこから、前回やったようにゆっくり目のハーフピッチジャーク、フリーフォールで底ネチ(3mくらいで落とし直し)大作戦です。ひと流し目、ナッシング。ふた流しめ。。。投入。。。

がががー。

底からのしゃくりで、大きなアタリ! ロッドで合わせますが、ドラグが出て合わせきれません。

「みやざきさん、根掛かり?」

違いますよ。竿先見てよ。がんがん叩かれてるでしょ。

「おー、これは本命かあ、バラすなよー」

アカムツっぽいのを2本バラした私に船長が念を押してきます。さっきのバラシはフックが小さかったから。今度はフックを3/0にしたから、大丈夫でしょう、たぶん。でも、魚が走るなあ。。。もうちょいドラグ締めようか。じじじ。ロッドで上げて、リールを巻いて、じじじ、ロッドであげてリールを巻いて。。。やれやれあと30mくらいだし、もうちょい締めてさっさと上げてしまおう。じじじ。

ぷちん。

あー。

リーダーでラインブレーク。

正体不明の大物は、私の長年のエースジグ、クランキー290gr緑金をくわえたまま、荒海に消えたのでした。残念。。。せめて顔くらい見たかった。

午前11時40分。
クランキー290gr緑金、殉職。

その後、同じクランキーの350grで続けて、良型のメバル(実はこのメバルも海面間近でバラしてしまい、がっくり。そしたら、左舷側にメバルが浮いてきたらしく、船長タモでリカバリーしてくれました)を確保。これで喜んでいたら、そのクランキー350grが根掛かり、ロスト。続いて投入したアーク320grもオマツリから船底でラインブレークしてロスト。。。都合、本日の殉職ジグは4本。。。ちーん。

痛い。。。

本日の釣果:クロムツx2、沖メバル、ユメカサゴ、サバx2、サメ。一応、五目達成?

写真 小サバ、小サバ、ユメカサゴ、沖メバル。

画像画像画像画像


追記) クロムツは炙り刺身、沖メバルは刺身で美味しくいただきました。ただし、この勝負ははっきり言って、クロムツの圧勝。柔らかい身もさりながら、皮目から出る脂がかなり美味い。高級魚と言われるわけです。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年01月22日 19:11
お疲れ様でした!そして電ジグを使って頂きありがとうございます♬
まだDPXをテスト中の頃、数名がムロムツ・キンメなどを上げてくれたので
自分も期待しての初テストは同じくクロムツでした!それも数匹と♪
切れたは残念ですがまたよろしくお願いしますね!!
みやざき
2019年01月24日 09:35
> 電気屋さん

おはようございます😃
電ジグDPXを本格的に使ったのは試作テスト以来ですが、今回黒ムツ2連発で確信しました。このジグはしっかりとアピールしてます。重さから次も波崎沖になると思いますが、しつこいサメに注意してシャクってみます。ちなみに、前回サメにかじられた試作もそれなりに補修しました😊

この記事へのトラックバック