週末海釣り族

アクセスカウンタ

zoom RSS 中深海ジギング、アカムツやーい?(相模湾オフショア)

<<   作成日時 : 2016/12/03 07:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像承前。

真鶴港からの午後船(12:30)は中深海と青物船(ジギング、キャスティング)でした。青物船のメインは脂が乗って来たイナダ、ワラサ。それにチラチラっと釣れてるメジ!らしいです。少し心が動きますが、タックルがありません。予定通り、中深海にします。中深海は若船長、朝からの通し組は、午後船は嬉しい2千円引き!

いつものように?ジャンケンで負けた私は左舷胴間にセットします。港を出ると沖は少し風が出ていました。船は真鶴半島の先端を右回りして、まっすぐに熱海沖へと向かいます。空は晴れて、海面がギラギラ眩しいくらい。しかし、白波が立って、船はハンパなく揺れます。今日は300m前後を想定して、3ozと4ozタックルです。

「はい、どうぞ〜」

港から約1時間で最初のポイントに着きました。4ozタックル(メタルウィッチ634SF、オシアジガー1500HG、PE1.5号)にスパイのレッドゼブラ300grをつけて落とします。ラインはほぼまっすぐ、素直に落ちていきます。。。着底。そこからゆっくりめジャーク&フォールといういつもの真鶴アカムツパターンです。上げて、下ろして、上げて、下ろして。。。ナッシング。移動です。

次のポイントは240m。
タックルを3oz(オシアインフィニティ653、オシアカルカッタ300HG、PE1.2号)に持ち替えます。ジグも主戦のクランキー赤ゼブラ230gr。落として、ゆっくりジャーク&フォールを繰り返します。やっぱりインフィニティはロッドに張りがあって、ジャークがメタルウィッチよりも楽チンです。あおって、落として、あおって、落として。。。

ガツン。

うん?

底からのゆっくりジャークでアタリです。ロッドで一応様子を見ます。底からすぐだと根掛かりもありえます。

ずんずーん。

竿先が揺れてます。魚、確定。アカムツ用に緩めにセットしたドラグが、すすっと滑ります。しかし、アカムツっぽい、パタパタっという暴れはありません。

「当たった? どう?」

船長がチェックに来ますが、ちょっと違う感じ。しかし、念のためにとゆっくり回収です。巻いて、巻いて。。。ずずん。途中で重たい抵抗があります。ドラグが滑って巻けません。それでもドラグは締めず、じっと我慢。。。うん?

約5分くらいかけて、魚体が見えてきました。大きいのですが、色が違います。

「あー、カガミだ」

画像でした。カガミダイ、しかし、体長は50センチ近くありそうです。これは引くわけだ。美味しい魚なので、キープします。周囲にもヒラキンメやスルメイカなどが次々上がってます。しかし、アカムツ!の声はありません。

「潮が流れ始めたから、ガンガン釣って!」

ポイントを変えながら、船長がハッパかけてます。左舷のもう一人の釣り氏は、ヒラキンメ連発。ただ、型が小さいので、いまいち盛り上がりません。裏(右舷)にはシロムツ、ギスなどが次々と来てますが。。。欲しいのは、赤いやつです。

ぐいん、ぐーん。

もう日が暮れかかった頃に、ジャーク後のフォールでアタリが来ました。ジグは取っ替えひっかえして、また3ozのクランキーに戻ったところ。今度は重さは今ひとつですが、けっこう暴れてくれます。すわ、本命か。。。あるいは外道のスレがかり? 慎重に巻きます、巻きます、ぐぐん、途中で、らしき暴れも繰り出し、期待感、満載! 5分くらいでようやく海面近くに。。。赤いぞ。。。うん? 魚体が丸っこい。。。あー、違う。。。

画像上がって来たのは、良型ではありますが、ヒラキンメ、またの名をナンヨウキンメとも言います。このサイズなら煮付けで美味そう!なので、キープです。しかし、アカムツ。。。ではありません。

と、その時。

「アカだあ〜」

裏手(右舷トモ)から声です。振り返ると、船長がタモで赤い魚をすくい上げてました。おー、ついに本命のアカムツくん、登場です。いるんです、この船の下には。。。というわけで、私ももうひとあがき、してみます。スパイ、スピンドル、そしてクランキーという主戦御三家を繰り出しますが、潮が変わったのか、そのアカムツを最後に、アタリが止まってしまいます。うーん、アカムツ、今回もダメでした。船中、一尾のみ。。。

日が暮れて、アカムツ遠くなりにけり、チーン。

本日の釣果:カガミダイ、ヒラキンメ

使用タックル:3oz
ロッド:シマノ オシアジガーインフィニティ 633
リール:シマノ オシアカルカッタ300HG
ライン:バークレーファイヤラインカラード 1.2号x500m
リーダー:モーリス バリバスフロロ24ポンドx5m
アタリジグ:SFC クランキー230grレッドゼブラ
フック:フロント側 ジガーライト2/0 4cm ツイン
フック:テール側 ジガーライト2/0x3本段差 5cm

   にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
   にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うーむ…残念無念(ーー;)

カガミダイが食うとアカムツは食わないとどこかのブログにありました。
アカムツの主食ほエビ系、カガミダイはイワシ系。ベイトが違うみたいです。
先日の波崎のアカムツは2匹とも、お腹からオキアミくらいのエビがでてきました。

ベイトによってジャークを変えれたらいいんですけどね!
あおみの
2016/12/03 20:35
> あおみのさん

おはようございます!
そうなんだ〜、カガミダイが食うときはアカムツは来ない。なるほどねー、ベイトの違いですか。それって、誘い方でなんとかなるのかなあ。年内に本命をもう一尾とか妄想してますが、これから週末の用事が続いて、スケジュール的にはかなり厳しいかも。それとティップランのアオリイカも初心者マークを外したいし。。。メヌケも気になるし。。。うーん。もっと休みが欲しいぞ!
みやざき
2016/12/04 10:29
いやいや十分週末海釣りを満喫してるじゃないですか〜(笑)
それにしてもヒラキンメは紛らわしいですね。赤い魚体⁉からの外道…心中お察しします。赤いダイヤ、なかなか釣れませんね。
☆★ume★☆
2016/12/07 01:15
>☆★ume★☆さん

こんにちは。寒くなってきて、朝でかけるのがいささかつらい今日この頃ですが、アカムツ獲りたい!の一念です! 高級魚キンメもかなりおいしいので(煮つけでサイコーでした)オッケーなんですが、やっぱり、アカムツは別格ですからね。熱海沖で釣れているので、あっち方面だとどうしても狙いたくなります。そろそろ時期的に終わりかもしれませんが、年内にもういっかいくらいはチャレンジしたいと妄想中。
みやざき
2016/12/07 12:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
中深海ジギング、アカムツやーい?(相模湾オフショア) 週末海釣り族/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる