週末海釣り族

アクセスカウンタ

zoom RSS 小名浜沖で浅場ジギング、ほんとはアブラボウズ狙いでしたが

<<   作成日時 : 2017/08/02 09:57   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像迷走する台風5号。太平洋上でくるりと一回転して、今度は南へ、日本から遠ざかる方向へゆっくりと進み始めてました。「台風で無理かと思ってたけど、このまま予想円の真ん中を進んでくれれば、明日は出られそう」船宿からのメッセージが届きます。しかし、雨の中、出船した常陸沖は予想以上の風とうねりで大荒れ。約2時間、荒海を南下してみた船長が突然船を停め、乗船した6人のルアーマン&ウーマンに問いかけます。「風が強くなってきたんでアブラボウズは無理だなあ。あきらめて引き返すか、それとも浅いけど、この辺でやってみる?」うーん。というわけで深場は断念、船長オススメ、まさかの超浅場ジギングとなりました。

午前3時半。
大雨の横浜から240km、3時間半かけて着いた小名浜港も雨でした。ふ頭の第八光勝丸近くに車を停めます。今朝は6人、顔ぶれが揃ったら出船です。港を出るとすぐに船が揺れ始めました。船室で仮眠しようと横になってますが、突き上げるような衝撃と前後左右のローリングでなかなか眠れません。うつらうつらしていたら、エンジン音が少し変わった気がします。そろそろ着いたかなと外の様子を伺うと。

「みやざきさんのタックルボックス、壊れちゃったみたいよ」

え?
慌てて出ると、壁際に置いていたタックルボックスが船尾ギリギリに。しかも、ロッドホルダーの蓋が外れて、ホルダー自体も斜めってます。挿しておいたロッドは。。。トモに居たnanamamaさんご夫妻が回収してくれたようで、どうやら無事。ほ。荒天時にロッドをタックルボックスなどのロッドホルダーに挿しっぱなしはヤバいです。今度からロッドは束ねて船室に持ち込みますか。

しばらくして、船がスローダウン。出港から約2時間ですから、ようやくポイントかと他のメンバーも起き出してきます。しかし、スローなまま船は走り続け、そして、船長がトモにやってきて。。。

「風がどんどん強くなってきてさー、危ないんで引き返してます」
「えー、すると、このまま小名浜へ帰るの?」
「うん、それか、この辺は130mくらいだけんど、ここでやるか。決めてください」
「風は止まないかなあ」
「ここでしばらくやってみて、風が収まるようなら、向かってもいいけど」
「うん、じゃあ、ここでやろ」
「でも、重たいジグしか持ってきてないぞ」
「しょうがないね。とにかくやってみましょ」

船が止まり、水深が130m。中深海ジギングになりました。今日は深場アブラボウズ狙いでタックルは4組。その内のいちばん軽め、4オンスのスロータックルを取り出します。そしてジグバッグを探ると、お、底のほうから200grジグ(ブルーヤード、ノンキー金ゼブラ)発見。前回の波崎中深海で使ってそのままにしてたモノでした。投入、すぐに左へ大きく流れ、しばらくしてコツンと着底。底からスローなワンピッチで20mくらいまで探ります。

くくん。

お。

くくん、くくん。

画像なんか、覚えのあるアタリ、これはサバでしょう。ミヨシの方でもトモでもサバが上がってます。そして私も。。。サバ、でした。ほぼ全員がサバ。。。のなか、オオドモのnanamamaさんがひとりだけ、大ぶりの魚をかけてます。夏マダラ?
「食べますか?」
「もちろん」
マダラはそのまま私のクーラーボックスに収まりました。

海は大荒れですが、130mポイントでしばらく粘ります。海の向こう、深場ポイントあたり、たぶん南のほうですが、空が真っ暗になってきました。
「ありゃりゃ、あの感じじゃ土砂降りだなや」
うーん。今日の深場アブラボウズはやっぱり無理そう。

画像その後、船中には大きなドンコやアイナメが上がります。私にもくいんくいん、くく、というお馴染みのあたりが数回、ほとんどバラしますが、唯一上がってきたのは、なんとタチウオ。これには船長もビックリでした。

やがて、少し風が収まってきました。波もウネリも小さくなってます。そこで船長決断、深場ポイントへと再び船を走らせます。約1時間。しかし、減速した船はすぐに大きくUターン。

「ダメだあ、潮と風がケンカしてるわ」

アブラボウズ、断念。

「どうします? さっきと同じ130mでもう一回やってみますか。それとも、浅場でソイ狙ってみますか」
「ソイ? 水深はどのくらい」
「30mくらいかな」
「浅い〜、ジグがないわー」

船は小名浜港へと向かってましたが、その途中で浅場ポイントに寄ってみることになりました。前回のアブラボウズが水深600m。今回はついに、その20分の1という超浅場でのジギングです。沖上がりまで残り1時間くらい。なにを使ってもこの浅さならいっしょ、というわけで、ジグはアロー270grオレンジゼブラにしてみます。

「浅場だけど、根がきついから根掛かりに注意して」

らじゃ。

お。
ミヨシでいきなり、ヒットです。ロッドが大きく曲がって。。。上がってきたのは、なんと大型ヒラメ! え? またロッドが曲がって、ヒラメ。あおみのさんもヒラメ。待ってよ、ここはソイじゃないの。と言いつつ、アローをワンピッチでしゃくっていると。

ぐぐぐーん。

フォールで強いアタリです。よし来た、とばかりに鬼合わせすると。。。スッコーン。抜けてしまいました。あー、きっとヒラメだったのに〜、泣きが入ります。すると左のルアーマンさんから「食べます?」「え?」フィッシュグリップにぶら下がっているのは、良型のヒラメです。「ありがとうございまーす」

新しいポイントは水深がたったの31m。船長は何度も船を入れ替えてくれます。nanamamaさんご夫妻は「ジグがありません」とリタイヤ。左のヒラメルアーマンも根掛かりでライン切れ、終了。しかし、私はまだここで何も釣れてません。ミヨシのヒラメ二尾マンのアクションはと見ると、ワンピッチですがフォールを丁寧にやってます。すぐさまコピー。ジャークからヒラヒラフォール、ジャークからヒラヒラフォール。。。

がん。

お。

がんがん。

「来たね〜」

ロッドがやっと大きく曲がりました。フッキング。そしてゆっくり巻きです。手元にしっかりと重みが来ます。これは良型です。なんだろう。。。

画像来た〜、黒いマソイ、30センチ越え、デブってて重さは実測2kg。いちおう、この浅場では本命魚であります。しかも新魚種追加。

マソイ(魚貝類市場図鑑より)
キツネメバル。30cm前後になる。50m前後の岩礁帯に棲む。全体に黒っぽい。はっきりした文様がなく尾鰭(おびれ)の後縁(いちばん端)に白い部分がほとんどない。白身魚でクセのない上品な味わい。ソイ各種の中でいちばん味が良いと言われている。タヌキメバルと混同されるが、同種の可能性もある。

もちろん、キープです。私がなんとか釣り上げたところで、めでたく釣り終了。船はようやく凪てきた海を一路、小名浜港へと戻ったのでありました。帰り道、日を改めてアブラボウズリベンジ戦を行うことを決定。もちろん、私も手を挙げました。

本日の釣果:サバ、タチウオ、マソイ
いただきモノ:マダラ、アイナメ、ヒラメ

使用タックル:超浅場ジギング

ロッド:オシアジガーインフィニティB634
リール:オシアジガー2000NRPG
ライン:ファイヤラインカラード1.5号x1000m
リーダー:バリバスフロロカーボン 30ポンドx5m
アタリジグ:ノンキー200gr金ゼブラ(サバ)、クランキー300gr緑金(タチウオ)、アーク270grオレンジゼブラ(マソイ)
フック:ジガーライト早がけ 1/0 自作ツイン

追記)超簡単、男の釣り魚料理 「マソイのカルパッチョ」

画像釣れた魚、そしていただいた魚は全てさばいて食しましたが、中でもうまかったのが「マソイのカルパッチョ」でした。さてまずはいつ食うかですが、上記の魚のうち、すぐに食べた(調理した)ほうが良いと思われるのは、サバ、アイナメ、タラ、タチウオ。いずれも熟成させようとするとすぐに身が崩れて、臭みがでます。いわゆる足が速い魚たちですね。でも全部は食べきれないので、これらはさばいてすぐに塩水に浸し、一夜干しにしました。タチウオの一夜干しは塩水に浸けすぎ、塩っぱくなって失敗ですが、他はしっとりできあがり、みんな美味。そして、ヒラメとマソイは頭と内臓を取り、きれいに真水で洗ってキッチンペーパーで包み冷蔵庫で熟成させます。4〜7日くらいがベストと言われますが、夏場ですし、今回は3日間。取り出したら切り口と皮を丁寧に洗ってからさばき、皮を外して切り分け。マソイはイタリアンドレッシング(サラダオイルと酢、ビネガーを1:1で撹拌)をかけて、冷蔵庫でしっかり冷やしたら、できあがり。上品な白身で日本酒、白ワインによく合います。ヒラメは。。。刺身でいただきましたが、もっちりしてこれまたさすがに良い味。白ワインが止まりません。ごちそうさま、でした!

   にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
   にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
遠征お疲れ様でした。
狭い日本でも場所が変われば釣り物もずいぶん変わるんですね。
キツネにタヌキですか!?
しかも同種…うーん。
アブラボウズの再戦頑張ってくださいね。
私もカツオ・マグロ再挑戦しますよ。
☆★ume★☆
2017/08/03 19:30
> ☆★ume ★☆さん

240km走ると海も変わります。あんな浅場でまさかなでかマソイ、あと、私はダメでしたが、デカヒラメも数枚上がりました。海が違いますね。アブラボウズは今回、行けませんでしたが、船宿いわく、リクエストがあれば年中いつでも出てくれるそうです。アブラボウズというと関東では南伊豆が有名なんですが、あっちは冬(1-3月)限定。はい、再戦、決定です。
みやざき
2017/08/04 06:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
小名浜沖で浅場ジギング、ほんとはアブラボウズ狙いでしたが 週末海釣り族/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる