真鶴沖でリハビリジギング 4(終)、メダイ

中深海ジギングに初挑戦の娘婿Jくん、教えられたとおり、ワンピッチのスロージギングを繰り返しています。横目で見ていて、ロッドをゆっくり上げて待ち、ゆっくり下ろしながらリールをひと巻き、ロッドエンドを左ひじに当てて、だんだんとらしくなってきてます。「あ、来た」Jくんがリールを巻き始めました。なにせ水深は250メートル、小型の魚ならアタリはな…
コメント:0

続きを読むread more

真鶴沖でリハビリジギング 3、タチウオ?

船はさらに西へ、そして南へ。左手に初島が大きくなってきました。その向こう、伊豆大島が霞んでます。「はい、どうぞ、250mです」澄み潮、さほど潮は暴れてないので、250grでもラインは立ちます。中深海初挑戦のJくん、さっきの回収がキツそうだったのでタックルを軽い3オンスに交換、ジグはスパイV250gr、ゴールドゼブラと軽くしました。私もク…
コメント:0

続きを読むread more

真鶴沖でリハビリジギング 2、初釣果

真鶴半島をゆっくりと巡り、三ツ石を右手に見ながら、凪の相模湾を船は進みます。タックルの準備をします。船長は水深250mからと言ってました。潮が大人しければジグは300グラムくらいかな。真鶴沖は久しぶりなのでどうしようか、イマイチ、ビンと来ません。確か、スパイVがテッパンだったような、いや、やっぱり中深海ならクランキーか。持ってきたタック…
コメント:0

続きを読むread more

真鶴沖でリハビリジギング

やっちまいました。まさかの緊急入院です。喉が腫れてどうにも痛むので朝イチでかかりつけの耳鼻科に行ったら、こりゃ手に負えんと、そのまま大学病院に回され、あ、入院して下さい。その日の午後に喉を切開し膿を出し、消毒して抗生剤の点滴。腫れが治まるまで切開→消毒→点滴の地獄のルーチンを繰り返します。結局、退院まで8日間もかかりました。病名は右扁桃…
コメント:0

続きを読むread more

超簡単!男の釣り魚料理、ワラサ編

先日の波崎沖、中深海ジギングで太ったワラサ(ブリの若魚)が2本釣れ、デカいほうを持ち帰りました。そう言えば、釣りガール?のそらなさゆりさんが「ワラサが釣れたら1週間は寝かせます」と呟いてたなあ、というわけで、本命アラといっしょに熟成させてみます。血抜き。ワラサは血の気が多いので、釣れたらすぐにエラの後ろをナイフで切り、バケツに頭から突っ…
コメント:0

続きを読むread more

三保沖ソルトルアー、激シブでした 3(終)、最後はタイラバで

ピーピー、ピーピー。浅場に移動しても探検丸ミニは鳴り続けてます。魚はいるのです。しかし、食いません。気分転換にと、船長からお湯をもらい、ホットコーヒー。浅場、水深は40メートル、エンジン停止で船は風を受けてゆるゆる流れます。よし、頼むぞダイラバ。前回マダイ、カンパチをかけたセブンスライドのオレンジオレンジ、100grを落とします。ライン…
コメント:0

続きを読むread more

三保沖ソルトルアー、激シブでした 2、西へ南へ

あっさりタチウオは見切り、龍神丸は朝焼けの海を西へと走り出しました。右手に三保サーフ、真冬とあってか陸っぱりルアーマンはぼつんぽつん。ヒラメ狙いかな。だだだー。水深100メートルで船が急停止しました。なんだ?"魚探にすごい反応があるよー、やってみましょう"よっしゃ。100メートルからは中深海、4オンスのスロータックルを取り出します。今日…
コメント:0

続きを読むread more