三保沖、中深海ジギングに行ってきました

画像普段は浅場でマダイ、青モノが多いシンデさんの龍神丸(静岡県三保)。今回は珍しく中深海メインで出るというので乗せてもらいました。狙いはもちろん赤ムツですが、はたして。。。

午前5時。
まだ暗い三保の桟橋を龍神丸はゆっくり離れます。乗っているルアーマンは5人(船長含む)。いつも通り、まずは清水港まわりでタチウオから始めます。

「はい、いいよー」

水深は30mくらい。ブランカ100grの赤ゼブラを投入します。着底からゆっくりめのワンピッチジャークで表層まで反応をみます。が、船中しーん。すぐに移動です。船は港を東に出て、しばらく走ります。向かい風、前方に釣り船が数隻。どうやらタチウオ船?

「水深60m」

ブランカで続行です。着底を待って、ゆっくりジャーク。うん? 何か触った? クラッチを切ってフォール、着底から再度ゆっくりロッドを持ち上げます。

かん。

金物のような硬いアタリ、タチウオでしょう。すぐにロッドで合わせて、リールを早まきします。ぐぐん、ぐぐん。なかなかいい引き。途中でふわっと軽くなったりしますが、構わず早まきです。

05:36 タチウオ。

画像さらにブランカで続けていると、かちーん。タチウオもう1尾追加しました。しかしサイズはイマイチ。少し西へと移動します。

「水深は80m」

お、深い。ジグを重くしようかと迷いますが、さほど潮が流れてない感じなので100gr。さすがにラインが斜めります。が、なんとか底は取れます。今度は青モノもありかなと少し早めのワンピッチジャークで探ってみます。が、中層までナッシング。クラッチを切ってフォール。。。

ががん。

お。

ロッドで合わせると、けっこう重いです。タチウオなら良型でしょう。巻きます、巻きます。

06:21 サゴシ(さわら)

画像久しぶりのさわらはジグを丸呑みしてました。さわらはアシが早いので、すぐに締めて(脊髄切り)バケツに放り込み、エラの後ろにナイフを入れて血抜きします。これで美味しいさわら料理が楽しめるはず。

「さあ、中深海行きますか」

船長のかけ声とともに船はさらに西へ、水深300m弱のポイントに移動しました。いよいよ、今日のハイライト、中深海ジギング開始です。290grのレクター緑金を4オンスタックルで投入します。ほぼまっすぐにラインは伸びて着底もはっきり分かりました。底から5mくらいまでをネチネチと探ります。ショートピッチ、ロングジャーク、放置プレイetc。いろいろ試してみますが、それらしいアタリがありません。2度ほどサカナっぽいバイトはありましたが、上げる途中でふっと軽くなってバラし。結局、4時間くらい船を流し変えたり粘ってみましたが、ダメでした。

帰り道、水深40mで、ちょっとだけタイラバ。第一投でいきなりググン!と来たので、すわマダイかとワクワク。しかし今日はそんな日ではなかったようで、上がってきたのは、でかいサバフグ。がっくり。

本日の釣果:タチウオx2、さわらx1、サバフグx1(リリース)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック